【時流×〇〇】スマイリーアース(タオル製造)
作成日: 2021/06/30
0

2021年現在、持続可能な開発目標「SDGs」がめちゃめちゃ話題で
コーナーが設けられている書店も見かける。

そんな中、2018年と翌2019年に各種アワードで受賞した
タオル製造で環境負荷を低減した会社が注目されているという記事を読んだ。

大阪府泉佐野市の会社で「スマイリーアース」さんです。

一般にタオル製造では、1キロのタオルを作る際に500グラムの薬剤が必要で
大量の水も必要とされているそうです。

一般的にはオーガニック栽培された綿花でも、タオルにする過程で薬剤処理が必要。
でも薬剤処理された綿花で「真のオーガニックと言えるのか」という疑問を抱いたところから
独学で研究を始めて「自浄清綿法」を開発したとのこと。
綿と水だけで従来の精練工程と同等の効果を発揮することで、
水使用量を約4分の1、化学薬剤使用量を500分の1に削減することに成功。

タオル製造と地球環境の持続性を追求するスマイリーアース。

代表の方は、究極的には処理水を水資源として作物栽培などに再活用する循環システムを構築して
新たな時代のタオル工場「Nature Towel Factory」を実現したいと考えていらっしゃるらしい。

これは、SDGsという時流×〇〇の分かりやすい例だと思う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/94343ca595d6b82b2dcefc04bec818594ff5b0ed

2021/03/31開業。 Twitterでは文字数の制限があるので、メモしておきたいビジネスヒントはこちらにストックします。