🐈 7/4 今日の積み上げ クラウドプラットフォームとSSHによるサーバ管理  第5回 1日目
作成日: 2021/07/04
0

TLS/SSLの仕組み

DNSとは
IPアドレスとドメイン名の紐付けをしまっせシステムのこと

TSL(大体SSL)とは
通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり
インターネット上でやり取りする情報を暗号化して送受信するための仕組み

TLS/SSLでは、あらかじめドメインの保有者が、第三者機関に証明書の発行を依頼、証明書をサーバに設置しておきます。 誰かがサイトにアクセスしたとき、ドメイン情報と証明書に書かれているドメインが一致しているかを確認する。

TLS/SSL証明書の種類
信頼性はEV > OV > DV の順!
EV:ドメイン持ってるかなー?
OV:ドメイン持ってる組織はあるかなー?
DV:組織は活動してるかなー?

Let's Encryptとは
無料でWebサーバ向けのSSL/TLS証明書を発行している認証局
特徴として、前述のように無料で証明書を発行しますが、 発行できるのはドメイン名の登録者または管理者であることを証明するDV (Domain Validation)証明書だけ

Certbot とは
Let's Encryptが発行する無料のTLSサーバ証明書を、簡単なコマンド操作で取得・更新できる、革命的なオープンソースソフト

検証できれば証明書が発行され、サーバに接続できるようになる

プログラミング初心者。アプリ開発エンジニアを目指し日々勉強中の文系大学生。CodeVillege4月後半入学。日々の学びや気づきをメモしていきます。よろしくお願いします。
スポンサーリンク