🥤 JavaScript 関数を使って自動販売機でジュースを買う
作成日: 2021/09/22
1

関数を使って、
自販機に近づく→お金を入れたらどうなるか決める→お金を入れる→入れたお金の金額によってメッセージを変更させます

//ジュースの値段を決める
const juice = 100;

//自販機に近づく
function jihanki(okane) {
    //コイン投入口へお金を入れる
    console.log('自販機に' + okane + '円入れたよ');
    //もしジュースの値段(juice)より多くお金を入れたら
    if (okane > juice) {
        console.log('ジュースは100円なので、おつりは' + (okane - juice) + '円です');
    } else {
        //ジュースの値段より少ないお金を入れたら
        console.log('お金があと' + (juice - okane) + '円足りないよ。出直したまえ');
    }
}
//自販機に90円入れてみた
jihanki(90);

90円しか入れなかったのでジュースは買えませんでした。
出直してきます!

Javascrip勉強中。CodeCampやってます。ド文系の美術専門学校卒です。