🦏 2022年の目標
作成日: 2022/01/03
4

ポートフォリオサイトを作る。
最低でも、作る準備をする。

Weblioによると
portfolio:折りかばん、書類入れ、書類入れの中の書類、紙ばさみ式の画集、画帳、(所有する)有価証券(一覧表)、大臣の職

ウェブサイト制作業界では、転じて「作品集」の意味合いだろう。

デザイナーであれば、これまでデザインしてきたサイトを画像にして、サイトに張り付けてもいいかもしれない。サイトがまだ動いていれば、なお良し。

コーダーの場合…
オリジナルのサイトを作って、自分のスキルセットを端的に、採用担当者に伝える場合が多いだろう。

応募したいウェブサイト制作会社がある。
応募には、ポートフォリオが必要。
めんどくさくて、作ろうとしては、何度も挫折してきた。
今度こそ、作らないと。

ポートフォリオで伝えるべき内容:
「この人は、マークアップをこのようなポリシーで考えている」
「この人は、スタイルシートについての理解が、このくらいある」
「この人は、デザインについてはそれほどこだわりがなさそうだが、まあまあウェブサイトのことは好きそうである」
「この人は、仕事をする上で、何を大切と考えているかが伝わってくる」

方針:
シングルページとする
2022年4月:コンテンツを計画する
2022年5月:情報設計の観点からコンテンツを見直す
2022年6月:ワイヤーフレーム作成に挑戦
2022年7月:マークアップ開始
2022年8月以降:CSSとJSでいろいろいろいろやってみる
2022年12月:いったんUPする

2023年1月:友人からフィードバックをもらう
2023年2月:応募できるクオリティか考えて、再計画する

思ったこと:
自分を客観視するのが億劫。
シンプルなペルソナにしてしまうか、いっそ、架空のペルソナだと思って「私じゃなくて、頼まれて作ってあげたんだ」くらいのノリで、自己紹介ではなく、架空のフリーランスコーダーの「お仕事ください」ランディングページにしてしまいたいくらい。

本当に…何かを作るのが苦手だ。「与えられた仕事」はできるんだが。


コーダーです。Vue.jsの学習のために、このアプリを使い始めました。ウェブページのコーディング、CSS設計、リッチなUIの実装(jQuery,Vue.js)も勉強しなければ。