🦊 Swift入門メモ
作成日: 2021/08/09
0

TLDR

iOSネイティブアップ作りたくなったので、Swiftをやりだしてみた

該当コンテンツ

【iOS14】SwiftUI 超入門 - Swift を基礎から学んで iOS (iPhone) アプリを開発しよう

学んだことメモ

  • 言語仕様の超基礎
  • 静的型付けいい
  • コンソール = プレイグランド(Pyalground)
  • NullでもNoneでもなくnil

型推論

var inp = 50
print(type(of: inp))

明示的にもいけるよ

var exint: int  = 123
var exint: String  = "ブドウ"

型変換

変換したいかた(変数)
var lavel = "はな:"
var width = 80
print(lavel + width)  # error
print(lavel + str(width))  # ok

変数に文字列を埋め込む
Pythonでいうfstring

var cnt = 10
print("私は¥(cnt)個持っています")  # fstring
if inp == 10{
    print(10)
}
else if inp == 30 {
    print(30)
}
else {
    print("any")
}
switch num {
case 10:
	print(10)
case 30:
	print(10)
default:
  print("any")

処理を中断するguard
swiftっぽい

func Drink() {
    guard inp > 20 else {
        // 例外を先にかく
        print("not")
        return
    }
    print("nomeru")
}

Drink()

オプショナル型 にすることをラップするという
オプショナル型から型を取り除くアンラップ
nil = None = Null
簡単な書き方のことをシンタックスシュガーという
Optionalで包まれた値は普通に使えない
アンラップしないと普通に使えない

// let 定数名: Optional<型> = 肩に対応した値

// let 定数名: 型? = 肩に対応した値
// 型に?をつけるだけ php@@ぽ
let opint: Optional<Int> = 30
let opintx: Int? = 30
print(opint)
print(opintx)

//Optional(30)
//Optional(30) he--

nil にる
強制的アンラップ

let opintx: Int? = 30
print(opintx!) // 30 he---

オプショナルバインディング よく使われる

let opintx: Int? = 30

こんにちは!