‍🦔 【Vuetify】レスポンシブデザイン実装時に見るメモ
作成日: 2021/07/22
0

Vuetifyのレスポンシブデザインを実装する前に知っておくべき事は以下の3つです。
これさえマスターすれば恐れる事は何もありません。

  1. Grid system
  2. Breakpoint service
  3. mobile-breakpoint

使用例を交えながら順に解説します。

1. Grid system

  • Grid system: v-containerv-rowv-colを用いて、コンテンツの配置・調整をできる機能

  • vuetifyが備える5種類のメディアブレークポイント

識別子 範囲
xs 600px未満
sm 600px以上、960px未満
md 960px以上、1264px未満
lg 1264px以上、1904px未満
xl 1904px以上
  • v-rowの中ではデフォルトで12個のv-colまでなら1行で表示することが可能
    • v-colcols=1を指定すること
<template>
  <v-container>
    <v-row>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="1"> <card /> </v-col>
    </v-row>
  </v-container>
</template>

【動作イメージ 】
Kapture 2021-02-15 at 21.43.34.gif
cols=1を指定しているため、画面幅を変更しても1行12列は保たれます

さらにv-colつ増やすとGrid systemの機能上、v-row配下の要素数が12を超えるため改行されて表示されます
スクリーンショット 2021-02-15 21.41.35.png

例:画面幅がxs(600px未満)の時だけ1列にしたい場合の手順

  • colsの合計値が12を超えると改行されるため、各v-colcols="12"を指定する
  • xs以外のメディアブレークポイント時は行で表示されるよう以下も指定する
    • sm="1" md="1" lg="1" xl="1"
<template>
  <v-container>
    <v-row>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="1" md="1" lg="1" xl="1"> <card /> </v-col>
    </v-row>
  </v-container>
</template>

【画面イメージ 】
Kapture 2021-02-15 at 22.05.34.gif
v-colではxsのブレークポイントが存在しないため、画面幅が600pxの場合はcolsの値が優先されるhttps://vuetifyjs.com/ja/components/grids/#breakpoint-sizing


  • 画面幅がxs(600px未満)の時以外3行4列にしたい場合は、cols以外の値3を指定します
<template>
  <v-container>
    <v-row>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
      <v-col cols="12" sm="3" md="3" lg="3" xl="3"> <card /> </v-col>
    </v-row>
  </v-container>
</template>

image.png

2. Breakpoint service

  • Breakpoint service:画面幅のサイズを検知して論理値を返してくれる機能

例:ツールバーの表示項目を制御したいとき

<template>
  <v-toolbar>
    <v-app-bar-nav-icon></v-app-bar-nav-icon>
    <v-toolbar-title>ツールバータイトル</v-toolbar-title>
    <v-spacer></v-spacer>
    <v-btn >
      ツールバーボタン
    </v-btn>
    <v-btn icon>
      <v-icon>mdi-heart</v-icon>
    </v-btn>
  </v-toolbar>
</template>

上記テンプレートの場合、画面幅を小さくすると、ツールバーの項目が被ってしまいます

画面幅が広い 画面幅が狭い
スクリーンショット 2021-02-15 22.25.38.png image.png

ツールバーボタンを非表示にしたい場合は、v-if="!$vuetify.breakpoint.xs"をv-btnに指定する事で、画面幅がxs(600px)未満の場合に非表示にさせることができます。

<template>
  <v-toolbar>
    <v-app-bar-nav-icon></v-app-bar-nav-icon>
    <v-toolbar-title>ツールバータイトル</v-toolbar-title>
    <v-spacer></v-spacer>
    <v-btn v-if="!$vuetify.breakpoint.xs">
      ツールバーボタン
    </v-btn>
    <v-btn icon>
      <v-icon>mdi-heart</v-icon>
    </v-btn>
  </v-toolbar>
</template>

【動作イメージ 】  
Kapture 2021-02-15 at 22.33.09.gif

$vuetify.breakpoint.○○では、〇〇の値を各メディアタイプの識別子に変更する事で、それぞれの画面幅で切り替え値を取得することができます。

3. mobile-breakpoint

  • mobile-breakpoint:Vuetifyコンポーネントに存在する属性値
    • v-data-tablev-navigation-drawerに存在します
    • 見た目の表示を切り替える境界値です

今回は、 公式サイトのv-data-tableを例に解説します。

<template>
  <div>
    <v-data-table
      :headers="headers"
      :items="desserts"
      item-key="name"
      class="elevation-1"
      :search="search"
      :custom-filter="filterOnlyCapsText"
    >
      <template #top>
        <v-text-field
          v-model="search"
          label="Search (UPPER CASE ONLY)"
          class="mx-4"
        ></v-text-field>
        ...(長くなるので割愛)
        ...
    </v-data-table>
  </div>
</templatte>

このv-data-tableを表示したまま、画面幅を変えてみましょう。
【動作イメージ】

Kapture 2021-02-15 at 23.04.55.gif

このように、画面幅600px未満になった場合に自動で表示形式が変わってしまいます。
個人的に、全然期待しない表示形式に切り替わってビビりました😇

こちらは、v-data-tablemobile-breakpointのデフォルト値が600pxに指定されているため、このような挙動になっています。

例:表示切り替えがされないよう0を指定する

  • 表形式を変更したくない場合はv-data-table:mobile-breakpoint="0"を指定しましょう。
<template>
  <div>
    <v-data-table
      ....
      :mobile-breakpoint="0"
    >
        ...(長くなるので割愛)
        ...
    </v-data-table>
  </div>
</templatte>

【動作イメージ】
画面幅が600px未満の場合でも表示形式が切り替わらなくなりました
Kapture 2021-02-15 at 23.11.17.gif

v-data-table以外にも、自動で表示形式が切り替わるコンポーネントは存在しているので、レスポンスデザイン実装時には適宜確認してmobile-breakpointを設定してしましょう。


以上、Vuetifyでレスポンシブデザインを実装する前に知っておくべき事でした。🦒

engineer/JavaScript/TypeScript/Vue/Nuxt🦒
スポンサーリンク