🐉 React×Reduxで処理を追加する流れ
作成日: 2021/07/04
0

①action データの受け渡しが必要ならpayloadを入れる
②reducer actionの名前に対応したreducerを呼び出すためにswitch構文にする
③container
  mapStateToPropsで必要なデータをstoreから取り出す
  mapDispatchToPropsでactionをreducerに通知(dispatch)する
  mergePropsで上記ふたつをpropsとして受け取って行いたい処理を書き、返り値を設定
④presentationでコンポーネントに組み込む(onClickなど)

2021年1月からプログラミングの勉強開始。 主にJavaScript, Rubyについてメモ を残していきたい。