🐈 ENJIN学習メモ(my-trello2周目)
作成日: 2021/12/30
0

1-1 Vue.jsとは

データとDOMを同期し続けるリアクティブなデータバインディング

  • コンポーネント間でのデータの受け渡し
  • propsで親から子へデータを受け渡し、$emitで子から親にデータ送る

1-2 Vuexの概要

Vuex(ビューエックス)

  • コンポーネントが共有するデータの状態を、グローバルに管理
  • どのコンポーネントも自立して管理されたデータの状態へアクセスできる

Storeの4つの機能

  • state: アプリケーション全体のデータの状態を管理(現在のデータの状態を確認する、特定のデータの状態を見つけることができる)

  • mutations: stateの更新だけを行う(データの変更のデバッグが容易になるメリットがある)

  • actions: mutationsの呼び出し(非同期なAPI通信もここで行う)

  • getters: stateの値を算出したものを返す。computedと同様の動き。

Vuex自分まとめ(カタカナで書きます)(まちがってるかも):

ビューコンポーネントがアクションをディスパッチする

アクションが実行されて、

ミューテーションをコミット(実行)する

つまりステートが更新される

ゲッターはステートを算出した値をビューコンポーネントに返す

まとめ

Vuexは状態管理に関わる概念を定義、分割し、特定のルールを定めることで、コードの構造と保守性をアップさせる。


コーダーです。